地域循環共生圏プラットフォーム事業懇談会

 

去る8月2日、地域循環共生圏プラットフォーム事業の「地域のためにエネルギーを選ぶ・育てる」部会の方々が、富士山朝霧バイオマスプラントの施設見学にお見えになりました。

 

   いらっしゃった皆さんは
    ・消費者連絡協議会・地域女性連絡会・ふじのみや市民環境会議・静岡ガス
    ・富士山エナジーの皆さん(14名)と、開拓農協職員です。

 

   施設見学後のアンケートで
    ・ふん尿の処理施設ではなく、加工し肥料として製品化、電力を作る施設であることを知る
    ・環境の面でとても良い
    ・CO2削減と地下水汚染の低減ができ、相乗効果があることに驚いた
    ・時勢にマッチした事業であると感じた
    ・稼働しているところを見たかった
   という意見・感想がありました。
 

地域循環共生圏プラットフォーム事業懇談会

R3.8.2 説明会の様子

 

   10月より再稼働を予定しています。
   稼働後の施設見学希望の方は10月以降の希望日でご連絡お待ちしております。